• ホーム
  • クラビットジェネリックのレボクインで治療費節約!

クラビットジェネリックのレボクインで治療費節約!

2019年09月26日
心配している男性

クラビットにはジェネリック医薬品のレボクインがあります。レボクインもクラビット同様に幅広い抗菌効果がある薬です。レボクインにはレボフロキサシンという成分が含まれています。レボフロキサシンは、40種類以上もの細菌効果が確認されている優れた成分です。適応範囲が広いので様々な感染症の治療に効果をもたらします。

クラミジアには8割以上の有効率があるというデータも報告されています。特に臨床試験では、性器クラミジアによる子宮頸管炎や尿道炎に優れた効果が見られました。患部の炎症を治めるのにレボフロキサシンの成分が大いに役立ちます。

レボクインはジェネリック医薬品のため、値段が安いのが特徴です。細菌のDNAの合成を阻害することで、細菌の増殖を防ぐ効果があります。クラビットと同じようにニューキノロン系の薬であるので、殺菌効果が高く感染症の治療に使われています。風邪などの一般症状からクラミジアなどの性病まで非常に適用範囲が広いので便利な薬です。

レボクインは現在ジェネリック薬品として発売されているために、非常に安い値段で手に入れることができます。国内では医療機関のみ入手可能ですが、ネット通販や海外の個人輸入代行サイトなどからも購入できます。性病を疑った場合に、病院へ行くことはハードルが高いのが現状です。病院に行くよりもこうしたサイトを利用すれば、交通費や診察費の費用がかからないので非常に便利です。さらに安いジェネリックのレボクインなら薬代も安いので治療費を節約することができます。

一方個人輸入代行業者には粗悪品を売りつける業者も存在するので注意が必要です。ネット通販を利用する際には信用できるサイトかどうか慎重に見極める必要があります。口コミの数が多いところやランキングなどで人気の高い所が良いでしょう。またお問い合わせ先がきちんと明記してあるサイトや、アフターフォローをしっかりしてくれるサイトならば安心して利用できます。

レボクインの使用方法は1日1回飲むのが原則です。食前食後のいずれの時間帯でも問題がありません。効果を発揮するためにはできるだけ同じ時間に飲むのがよいとされています。1日1回の使用方法を少なくても一週間は続ける必要があります。飲み忘れや自己判断での中止はよくありません。飲み忘れた場合に、1度に2錠飲むことは厳禁です。

レボクインにも副作用がおきることがあります。症状の現れ方には個人差がありますが、比較的副作用は少ない方です。起きる可能性のある副作用としては、胃痛や下痢、吐き気などの消化器家の症状があげられます。また発疹や蕁麻疹などのアレルギー症状がでることもあります。他にもめまいや手足のしびれ、けいれんなども起こる可能性がありますが、めったにありません。

まれにですが、光に過敏になる光線過敏症もおこることがあります。光線過敏症になると光に当たった所が赤く水ぶくれになり腫れてしまうことがあります。こうした症状が出たらすぐに医師に相談して下さい。また老人や腎臓の悪い人は副作用が出やすいので、服用するときは慎重に使用したほうがよいでしょう。特に腎臓の悪い人は排泄機能が落ちているので、薬が体内に残りやすくなります。こうした副作用を知っておくことで、症状が現れた時に早く対処することができます。

クラビットに勝るとも劣らないレボクインの薬を服用して、性病を一日でも早く治しましょう。クラミジアはパートナー間で感染する病気です。できれば、パートナーと一緒に薬を飲むのが理想的です。どちらか一方の治療では、再び感染するリスクが高くなります。二人で薬を購入すると高くなりますが、ジェネリックなら治療費の節約も可能です。