• ホーム
  • クラミジア治療薬の副作用が気になる人こそクラビット!

クラミジア治療薬の副作用が気になる人こそクラビット!

2019年08月25日
病原体

クラミジア治療のための薬、ニューキノロン系の薬は細菌を攻撃する効果があります。ニューキノロン系の薬は、抗生剤として医療機関などで幅広く使われています。細菌感染として高いメリットがある反面、デメリットもあるので注意が必要です。頻度は少ないですが、副作用として消化器系の症状がでることがあります。

主な症状としては、下痢や腹痛、軟便、などです。副作用がでる割合は比較的少ないほうで一過性のことが多いのですが、一時的でも非常に不快な思いを強いられることになります。こうした症状がでる理由は、ニューキノロン系の薬が細菌を攻撃する性質があることが原因です。ニューキノロン系の薬は、腸内の細菌も減らす作用があります。この結果、蠕動運動が異常に高まる上に善玉菌まで減り腸内環境のバランスが崩れるので、下痢がおこるのです。

こうした副作用は、特に消化器系が弱い人に現れやすいとされています。ニューキノロン系の薬を服用する際には耐性ができることを考慮して1日1回の飲み方をするのが一般的です。しかし、消化器系の副作用が起こりやすい人は服用方法を変更する必要があります。1日1回の飲み方ではなく、薬を1日3回に分けることで胃腸への負担を減らすことができます。

その他にも、眠気や頭痛、めまい、蕁麻疹などの症状がおこることがあります。蕁麻疹や発疹などが現れた場合には薬に対するアレルギー反応の可能性があるので、薬の服用を一旦止めたほうが良いです。できるだけ早く病院に行って、医師の診察を受けたほうが良いでしょう。また、めまいや眠気が起こる可能性もあるので、服用中は車の運転や細かい作業は避けるべきです。高いところの作業も危険です。ニューキノロン系の薬を服用する際には、こうした副作用が起きるリスクがあることを十分に知っておきましょう。

こうしたニューキノロン系薬の副作用が気になる場合には、クラビットがおすすめです。クラビットはクラミジアなどの性病の治療薬として使われるだけでなく、肺炎や膀胱炎などの感染症用の薬としても使われています。クラビットは多くの病院で使われており、副作用が少ない薬として知られています。

クラビットの作用は病原菌に直接働きかけるのではなく、病原菌を増やしているタンパク質を抑える効果をもたらします。人の細胞に直接作用するのではなく、細菌のDNAを合成している必要な酵素を阻害して効果を発揮する薬です。

クラビットもニューキノロン系の薬で抗菌効果の高い薬なので、善玉菌を減らし腸内環境のバランスを崩すというデメリットにより副作用がおきることがあります。しかし、頻度は非常に少ないので心配は不要です。また他の薬同様に耐性効果がおきることがありますが、これは1回の投与量を多くして1日1回で飲むことで解消されます。

クラビットは一部の解熱鎮痛薬やワーファリンなどの薬と併用する際には慎重さが必要です。しかしそれ以外の胃腸薬や整腸薬、アレルギー薬などとの併用は可能です。万が一下痢などの副作用が起きても胃腸薬や整腸薬と併用できるので安心して使うことができます。その他一般的な風邪薬や解熱鎮痛薬と併用することもできます。

クラビットは高齢者でも比較的安心して服用できる薬です。しかし腎臓の悪い人に投与すると、腎臓の排泄機能が低下しているために薬が体内に留まる時間が長くなることが考えられます。そのため、腎臓の悪い人に投与するときは、慎重に投与する必要があります。服用方法や回数に注意すれば、クラビットは安心して使える薬です。回復するまでは個人差がありますが、医師の指示通りきちんと服用することでクラミジアを治すことができます。