• ホーム
  • 意外と気づかない?クラミジアの自覚症状

意外と気づかない?クラミジアの自覚症状

2019年10月15日
落ち込んでいる男性

クラミジアは自覚症状が少なく発症がわかりにくいのが特徴です。進行していても、違和感が少なくわかりにくいので、なかなか気が付かないまま進行していくことがあります。特に初期は無自覚なことが多いので、いつ感染したかまったくわからない人もいます。女性と男性では、女性の方が症状が出にくいので注意が必要です。

女性が感染した場合、最初は無自覚ですが進行するとおりものが増えてきます。不正出血や性交時の際の痛みなどがあげられますが、軽い症状なので体調不良程度と考える人も少なくありません。進行するとおりものの分泌量が増え、時に黄色いおりものが出るようになります。排尿のさいに尿道に痛みを感じたり、尿意を頻繁にかんじるようになります。咽頭にクラミジアが感染することもありますが、ほとんどは無自覚のままです。

進行すると子宮頸管炎になり、さらに進行すると子宮付属器炎になり腹部に痛みが生じます。この段階でも治療を行わないと、骨盤腹膜炎になり腹部に強い痛みが出るようになってしまいます。骨盤腹膜炎の急性症状は、悪寒や発熱、膿を伴ったオリモノなどです。慢性化してしまうと腹部膨満感や下腹部痛に悩まされることになります。骨盤腹膜炎になると卵管に癒着や閉鎖が生じるので不妊の大きな原因になるのです。

現在不妊症に悩む女性はたくさんいますが、卵管トラブルが原因の不妊症の人も大勢います。また不妊の原因となるのは、女性だけでなく男性も同様です。男性がクラミジアに感染すると最初は、排尿の際の軽い痛みなどの違和感が生じます。やがて精巣や睾丸などの性器が腫れて下腹部にも強い痛みが出てきます。副睾丸炎を起こすと、性器全体が腫れて不妊症の原因になることがあるので注意が必要です。

陰嚢の片側、もしくは全体が腫れて痛むようになり、日常生活でも苦痛が伴うようになります。のどや目にもクラミジアが感染することがありますが、喉の場合は無症状がほとんどです。目に感染すると結膜炎を起こす可能性があります。

クラミジアを放置すると性病が進行するだけでなく、さまざまな合併症を起こしやすくなります。たとえば細菌感染などです。さらにひどくなるとリンパ節が腫れたり化膿したり、陰部全体が腫れ上がる象皮症のような症状が起きることがあります。こうした段階にまで至ると不妊症になるリスクが高くなります。

不妊の原因とならないためには、尿道に痛みやかゆみを感じた初期の段階で治療を開始することが大事です。症状がわかりにくいために放置することは、病気を進行させてしまう結果になります。

クラミジアにかかると自覚症状が乏しいため、相手に感染させるリスクが高くなります。クラミジアを他人に感染拡大させないためにも、少しでも違和感を感じたら早めに病院へくべきです。
特に複数の人と性行為をする機会がある人は、クラミジアについて事前にしっておくと自分やパートナーの体を守るために役立ちます。

自覚症状が少ないこと、進行すると不妊症の原因となること、早期に治療すればクラビットなどの治療薬で治ることなどを知っておくことが大事です。リスクが高いと自覚している人は、合わせて他の性病についても知っておくと良いでしょう。

性病の中には治癒まで時間がかかるものがありますが、クラミジアは抗菌剤の高い薬があるので早期に治療すれば治癒が可能です。一方骨盤炎まで進行したものは、非常に治癒まで時間がかかる上に深刻な状態になることもあるので要注意です。

パートナー間で問題となるのが一方だけ治療することです。片方だけ治療したのでは再感染を招く結果になってしまいます。検査や治療は二人で同時に行うことが原則です。